コラーゲンって何?

banner 現在ではよく知られるようになったコラーゲンとは、体の真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは全タンパク質のほぼ30%を占める程多いのです。
ヒトのコラーゲンタンパク質は30種類以上もあり、最も量が多いコラーゲンはT型コラーゲンというもので、骨に大量に含まれ、骨の弾力性を持たせるのに働いています。皮膚も真皮にも非常に多く、皮膚の強さを生み出す働きがあるのです。関節軟骨に主に含まれているコラーゲンはU型コラーゲンで、眼球の硝子体液の成分でもあります。また、全ての上皮組織の裏打ち構造である基底膜にはW型コラーゲンが使われています。これは繊維を形成せずに細かく微小なコラーゲン分子のまま結合組織の構成成分となっています。

体を潤滑に動かし、ハリを保つコラーゲンが年齢と共に失われていくと、細胞が衰え、自然治癒力や免疫力まで低下して病気に掛かり易くなってしまいます。コラーゲンを日常的に摂取することによって、体質強化に繋がっていくのです。
日本国内のコラーゲン市場は毎年数百億円規模の市場までになっていますが、ただコラーゲンと名の付くものを摂っていればいいというものではありません。「すっぽん小町」等の厳選された材料を使った良質なコラーゲンサプリメントを選んで摂る事が大切なのです。

注目コンテンツ

コラーゲンが沢山含まれる食品

記事をみる

すっぽん小町のコラーゲン

記事をみる

はがくれすっぽんって何?

記事をみる

Copyright(c) すっぽん小町でプルツヤ生活を送りましょう. All Rights Reserved.